読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かぼちゃねこ日記

アメリカから見えるもの。考えたこと。

カルパッチョ作って帰りを待ってくれてる人

今年の夏、日本でよく見たのは、パナソニックの冷蔵庫のCMだった。


ふだんプレミアム冷蔵庫(TVCM30秒):#081毎日の鮮度を楽しもう。【パナソニック公式】


繰り返し東横線の車内で流れていて、見るたびに
「こんな夫欲しい…!」
「時代はここまで来たか…!」
「というかCMがようやく私たちに追いついた…!」
と思った。

鯛を買ってきて冷蔵庫に入れる夫。
1日目、刺身を作る夫。
2日目、鯛茶漬けにして食べる夫。
そして3日目、妻が外から帰ってくると、「おかえりなさいませ」と出迎え、ろうそくの灯った食卓でカルパッチョを作って待ってる夫…!!

外から帰ってきて、「子供たち見ててくれてありがとー!今からごはん作るね。(めっちゃ疲れてるんですけど)」と言わなくていい家庭が欲しいです!
カルパッチョ作ってほしいです!
そんな女子力高くてかっこいい夫が欲しいです!

という女子の欲望をよくぞくみ取ってくれました…!!

そしてこの構図って、少し前の(いや今もかもしれないけど)男子の欲望とほとんど同じだ…ってことに気づいた。
「仕事で疲れて帰ってきたら、かわいい妻が自分のためにご飯作って待ってくれてる。あ〜、癒される…。」
「家に帰ってきたら、かっこいい夫が自分のためにご飯作って待ってくれてる。あ〜、癒される…。」

みんな疲れて帰ってきたら、誰かにご飯作って待っててもらいたいんだなー。
でもそんな欲望、女子というだけで表に出しちゃいけないと思ってた。
ご飯作って待ってるのが私の幸せなのよ、みたいな顔しなきゃいけないんだと思いこんでた。
……んなわけ、あるかー!
女だって人間だもの。