読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かぼちゃねこ日記

アメリカから見えるもの。考えたこと。

アメリカの日本食屋あるある

アメリカでも日本食屋は数多くありますが、日本の和食屋とは少し違うのです。
今回はそんなアメリカの日本食屋あるあるを書いてみます。


天ぷらににんじんとブロッコリー


海老と野菜の天ぷらの盛り合わせを頼むとにんじんとブロッコリーの天ぷらが入っていることが多いです。
それなりに食べれますが、すごく美味しくもない。


お手ふきはでない


他のアメリカのレストランと同じく、ナプキンのみの所が多いです。
なのでお寿司も手ではなくお箸で食べることが多いです。しゃりでべたべたになった手を拭いても落ちないので。
子どもはそれでも何を食べても手と口をべたべたにするので、うちはウエットティッシュを持ち歩いています。


味噌汁にレンゲがついてくる


お箸で皆さんなんでも上手に食べますが、味噌汁に口をつけてすするのは抵抗がある、マナー違反のようで、必ずレンゲがついてきます。


サラダがついてくる

寿司の握り盛り合わせ等を頼んでも、サラダが出てきます。
ご飯を食べるには前菜が必要、前菜=サラダ。


寿司必須


日本ではお寿司は寿司専門店で食べるものですが、アメリカでは寿司はどこの日本食屋のメニューにもあります。日本食といえばSUSHI、なのです。
今やアメリカのスーパーのお惣菜売り場にも寿司は置かれ、非常に一般的な食べ物になっています。


いろんな違いがあるアメリカの日本食屋ですが、海外にいながら日本食が食べられるのはありがたいことです。
違いも面白がりつつ、今日も和食大好きな子ども達と日本食屋を楽しんできました。