読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かぼちゃねこ日記

アメリカから見えるもの。考えたこと。

英語の文章をネイティブが添削してくれる! Lang-8

Lang-8について

 

 

この頃、Lang-8にはまっている。

 

lang-8.com

 

Lang-8は、自分が学習中の言語で書いた文章をweb上でネイティブが添削してくれる、というSNS

そして自分もかわりに日本語学習中の人が書いた文章を添削する。
国語学習者同士の好意で成り立っているのだが、例えば日本語学習中の英語母語者と、英語学習中の日本語母語者だとwin-winの関係になるので、互いの文章を毎日添削しあったりしている。
 
実際、日本語学習者の日本語を添削するだけでももなかなか楽しい。
ローマ字やひらがなだけで書いてる人から、大学の論文のような文章を投稿している人まで様々。
どんなレベルでも、「将来日本に行きたい!」「翻訳者になりたい!」等と夢があってキラキラしてる若者の文章を読むのは楽しい。
日本語学習者はマンガやアニメの影響で比較的若い世代が多いのだ。
アメリカで日本語なんて全然見かけない生活をしている身からしたら、わざわざこんな難しくて使い勝手のよくない言語を学習してくれてることがありがたくて、せっせと添削してしまう。
 
また、文章の添削だけではなく、「英語の文章がやさしめでおすすめの本は?」という文章を投稿すると、それぞれ子どもの頃好きだった本を紹介してくれたりする。
 
英語学習者はTwitterで英語で発信してみよう!とよくおすすめされているが、 英語で頑張って書いても反応がない…そして間違った文章でもそのまま流れていってしまう…というのが辛くて私は全然続かなかった。
その点、Lang-8はしっかりネイティブが添削してくれるし(とは言ってもプロの先生ではないので、文法的にどこがどう間違っているのか?まで説明してもらえるわけではない。)コミュニケーションも取りやすい。
 
私は最初は日々の日記などを投稿していたが、英語で自分の意見を書くことにも挑戦してみようと思って、今はブログに書いてるような文章も投稿している。
 

その他 英語学習アイテム

 
speakingとlisteningは図書館のESLクラスで、writing はLang-8で、readingは図書館から電子本を借りて、単語はiKnow!で学習する、というのがこの頃の自分なりの英語学習になっている。

 

図書館から電子本を借りるのに愛用しているのがこちらのアプリ。

家に居ながら電子本が無料で借りられ、スマホでそのまま読める。

 

 単語学習アプリ。

セールが時々あるので、その機会を狙って終身会員になった。

 

英会話学校に通わなくても、お金がなくても、英語学習ができるようになってきて、いい世の中だな〜。